ログイン(会員専用)
ユーザー名:

パスワード:


メニュー
研究会について
学校事務ビジョンについて
アクセスカウンタ
今日 : 8
昨日 : 11
総計 : 91854

 

 

【課題】

 

1.事務の平準化・効率化


 多様化する地域の教育ニーズや教職員の雇用体系の変化等により、学校事務が複雑化し、それが教職員の多忙化につながっていると考えられる。多忙化を解消し、子どもたちと向き合うゆとりの時間を教員に提供することが、結果として学校に寄せられる信頼感となり、保護者や地域との連携体制の構築にもつながっていくと考えられる。そのためには事務職員が中心となって従来の定型業務や校務内容を見直し、学校事務の平準化・効率化を推進していく必要がある。


2.学校経営への参画


 安全で安心な質の高い学校教育を支援していくためには、質の高い学校事務を推進していくことが重要である。事務職員の役割もこれまでの定型業務はもとより、「事務主任として学校経営に参画していくこと、事務部門の統括者としての役割を担っていくこと」が求められるようになってくる。そのためには、校内組織体制を見直し、事務部の組織化を図るとともに、事務職員の経営参画に対する学校全体の意識改革をうながしながら、事務部の統括者としての相応しい資質や能力を自ら身につけていくことが必要である。


3.地域と学校の連携


 地域全体の教育力を向上していくためには、地域等に対して教育活動への参画を促していくことが必要である。そのためには学校を中心とした地域等との連携体制を構築していかなければならないと考える。連携体制における事務職員は、財務・学務・法令など幅広い知識を生かしながら、情報交流の窓口となり、学校と地域をつなぐ調整役を務めることで、地域から多様な形態の支援策を導き出し、地域の力を活用した学校づくりを推進していくことができると考える。

   
   
プリンタ用画面
前
目標に定める姿
カテゴリートップ
学校事務ビジョンについて
次
課題別マニュアル改訂

東海大会in可児

 

 

県事研カレンダー
前月2018年 7月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<今日>
新着リンク