ログイン(会員専用)
ユーザー名:

パスワード:


メニュー
研究会について
学校事務ビジョンについて
アクセスカウンタ
今日 : 8
昨日 : 11
総計 : 91854
トップ  >  学校事務ビジョンについて  >  岐阜県の現状

 

 

 

 

 

【岐阜県の現状】

  • 岐阜市・岐阜地区で学校間連携協力会がスタートし、さらに、平成22年度は共同実施加配が8市郡に配置された。
  • 岐阜県教育ビジョンが策定され、今後10年先を見据えて、岐阜県の教育が目指す基本的な方向や、今後推進すべき具体的施策を明らかにする計画が示された。
  • 標準的職務内容が県教育委員会から通知された。
  • 学校管理規則の「事務主任」への記載が41のうち26市町村となった。
  • 事務職員から教頭職への登用があった。
  • 事務職員の約1割が臨採者であるうえ、5年後までに約100人の事務職員が定年を迎える。
プリンタ用画面
前
研究構想
カテゴリートップ
学校事務ビジョンについて
次
目標に定める姿

東海大会in可児

 

 

県事研カレンダー
前月2018年 7月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<今日>
新着リンク